老化が原因の耳の聞こえ辛さにおいてはゆっくりと聴力が低下していきますが、大半の人は60歳を超えてからでないと聴力の衰えをきちんとは自認できないものです。

平成17年2月からトクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)のパッケージには「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促す一文の表記が食品メーカーに義務付けられている。
ストレスが蓄積するプロセスや、有用な抗ストレス方法など、ストレス関係の正しい知識を学んでいる人は、まだ少ないようです。

内臓脂肪型の肥満が診られて、脂質過多(ししつかた)、塩分の摂取などによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2項目以上に相当するような健康状態のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と呼んでいるのです。

脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経を整えたり痛みのブロック、様々な覚醒などを司っていて、気分障害(鬱病)の患者ではその動きが弱いことが明らかになっているのだ。
薬、アルコール、色々な食品の添加物などの物質を特殊な酵素で分解して無毒化する働きの事を解毒(げどく)と言い、肝臓が果たしている非常に重要な職務のひとつなのです。

心筋梗塞は心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管の内側の空間が狭まり、血液の流れが止まり、酸素や色々な栄養を心筋に配達できず、筋繊維自体が死んでしまう大変怖い病気です。